2021年12月2日木曜日

遠足 《 吉野山(世界遺産)の紅葉 》 2021.11.30

さて、今回は世界遺産の吉野山へ遠足❗

吉野山は大峰連峰の北端8キロメートルにわたる山稜の総称。

アウトドア科で夏に行った犬鳴山と同じく、山岳信仰からなる「修験道」発祥の地といわれる神々が鎮まる特別な地域なんだよ😇。

日本一の桜の名所として有名で、サクラの季節には吉野山全体が桜色に彩られ、「一目に千本見えるほど。」の言葉から「一目千本」と呼ばれています。

全国に「一目千本桜」ってたくさんあるけど、ここの桜はスペシャルでっせ🌸

 

そして、それが秋の季節になると桜紅葉となり、ほかの木々と相まって葉っぱが燃えるような赤、橙、黄色に色づいて人々の目を楽しませてるというんですなふむふむここの紅葉もごっつスペシャルでっせ🍁

という話なので…素晴らしい紅葉を楽しむべく、早くから遠足の日を待ちわびていた私たちなのであります、がぁ😞。

1週間くらい前からずっと当日は雨!🌂🌂という天気予報が続いてたから、何気に不安だったんだよね…😦


しかぁ~し当日朝10時集合の吉野駅は信じられないくらいの晴れぇ~☀

アウトドア科の人って、なんか持ってるひとたちの集まりやねぇ😜😚😜😚😜


うれしいわw。あんた、ちょっと詰めてくれる❓

いやん。乗ってるの私らコーダイの人だけやん。ガラガラやん。


とかなんとか、マスク会話してる間に、

近鉄電車にゆらりゆられて吉野駅に到着🚞🚞🚞



まずは、千本口からケーブルカーに乗るよ❗


ケーブルカー山上駅からはマイクロバスで奥千本駅へ。

ここからは金峯神社までは急な坂。

さぁ、みんな 頑張って歩るくで❗❗

 


金峯神社にお参りして、義経隠塔を見て(なんや、こんなもんか?とチョット”肩透かし”に遭って笑)、御朱印帳を書いてもらう人もいて…。(えらいなぁ。忘れずに持ってくるんや😏)

一息ついたら、もっと上の高城山の展望台までさらに歩きますよっ❗❗

しばし、急な坂が続きます。 あともう少し、頑張って❗❗


展望台に着いたら、ほら、ご褒美の絶景🍁🍂




素晴らしい紅葉を堪能しました🍁🍂🍁🍂🍁🍂


※写真を提供して下さった皆さん、ありがとうございました❗



★★★★★★★★★★ お当番コメント ★★★★★★★★★★

11月30日天候に恵まれ、アウトドア科の遠足、『吉野』が行われました。

10時吉野駅を出発ロープウェイ、バスと乗り継いで奥千本口で下車。
紅葉の美しさを愛でながら、金峯神社、義経隠塔、高城山展望台、吉野水分神社、花矢倉展望台等、山全体が世界遺産として登録されている吉野山を巡りました。

金峯山寺に寄る時間がなく、とても残念でした。
次回来るときの「お楽しみ」にとっておきたいと思います。

今も女人禁制を守り吉野、大峯、熊野三山、全長約170Kmの大峯奥駈道を駆け巡る修験道の人々に思いを馳せながら吉野山を後にしました。

1班 ブログ担当 山池 和子

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★




またも、ワイワイと親交を深めつつ、軽く展望台で小腹を満たして

下山の途につきました。


おっと、「吉野水分神社(よしのみくまりじんじゃ)」にも寄ったんだった。



みくまりの 神の誓ひの なかしせば
これのあが身は うまれこめやも

ちちははの昔想へば 袖ぬれぬ
みくまり山に 雨は降らねど

子授け、子守りの神社です。 

社殿に囲まれている中庭に立つと、何かに護られてる気がしますよ。

(知らんけど…。)



帰り道の参道にはたくさんの土産物屋さんがあります。

吉野葛(よしのくず)は有名ですね。最後に、お土産あれこれを♪

みんなは何買った❓



おうちに帰るまで雨にも降られず、

気温が下がらなかったので少しも寒い思いをせず、

道にも迷わずトラブルもなく、

仲間と共に楽しい時間を過ごせて、今回も最高でした👍


遠足係の皆さん、下見も含めて綿密に計画してくださって、

ホントにありがとうございました❗


楽しかったよぉおおおおお😄😄😄😄😄😄6班ぶんの笑顔。






2021年11月18日木曜日

オリエンテーリング 《 服部緑地公園 》 地図とコンパスを使って目的地まで歩く 2021.11.16

さて、今回のオリエンテーリングをスポーツ辞典で調べてみると、

地図とコンパスを使い、山野の各所に設定されたいくつかの地点(ポスト)を通過してゴールに着くまでの「速さ」を競うスポーツと書いてあります。

そう、オリエンテーリングはタイムを競うスポーツで、山野を猛スピードで駆け巡り知力体力を消耗するれっきとした競技なのです❗❗


真剣に走り回ってゴールを目指すものあれば、

公園の木々の紅葉を愛で、自然を楽しみつつ進むものあり…笑。 

楽しみ方は千差万別。

それこそが、オリエンテーリングの醍醐味なのですよ👌


今回のオリエンテーリングの会場は、

紅葉の季節に入り、木々が彩り始めた『 服部緑地公園 』



私たちがトライしたのはスコアオリエンテーリングというものです。


地図上に表示された地点ごとに点数が割り当てられていて、

各々、自由な順番で制限時間内にその地点を周り、点数を集めて合計を競います。


緑地公園内にあるチェックポイント(ポスト)が表示されている地図とコンパスを受け取り、コンパスの使い方や地図の見方の説明を受けた後、

班ごとに(どのように攻略するか)作戦を立てて、いよいよスタート❗


番号がかかれたチェックポイントにあるポスト↓↓を探しますよぉ😀



これが、また、わっかりにくい場所にあるねん😓



心地よい気候の中、気持ちもカラダもリフレッシュ❗❕


今回はいつもの班のメンバーではないチーム構成で、

新しい人たちと仲良くなれました😄

★★★★★★★★★★ お当番コメント ★★★★★★★★★★

快晴の下🌞服部緑地には何十年ぶりに電車で来ました❗

紅葉も見頃でアウトドアには最高の季節です。

今回はオリエンテーリングのパーマネントコースを使い、4人一組で地図とコンパスを使ってポイントを探し出し、時間内にどれだけ多くのポイントを探し出せるかを競います❗

私自身、地図とコンパスの使い方を教えて貰い初めての体験です😅

1045分スタートをして、私達のグループは1番〜22番迄のポイントで得点の高いポイントから攻めて行こうと作戦をたて、他のグループが全然来ない12番〜13番と攻めて行ったのが結果的には裏目に出てしまいました😰

時間がかかり過ぎて、数多くのポイントが探せなかったのが残念です😭

4人で探してポイントが見つかった時の安堵感と達成感が本当にワクワクドキドキしながら楽しいゲームです👍

また次回は足元のポイントから攻略してリベンジしたいと思います。

今年の講習で色々とお世話になった講師の砂山さんに感謝の気持ちで一杯です🙏

6班 ブログ担当 榮井 千代子

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★


このスポーツは最初の作戦会議がとっても大事なのだそう。

しっかり考えてから一番最後にスタートしたチームが、なんと優勝しました😲


優勝したチームにいた辻本委員長が言うには、
「 段取り 八分ですかね~。」だって。
なんか、ちょっと悔しい…。(←負け犬の遠吠え ワォ~~ン🙀笑)





この賞品を貰うっていうのが、なんとも嬉しいものなんですよね。

達成感となんつーかチョットした優越感❗❓

機会があったら、またコンペして欲しいな💓

今度は、負けまへんでぇ❗❗

2021年11月10日水曜日

ノルディックウォーク < 歩きながら体力アップ > 2021.11.9

どんなに雨が降る予報がでていても 晴れるんじゃぁ~~~❗❗❗

という鬼気迫る気迫だけで 模様を晴れに変えていたアウトドア科のパワーがここにきてややダウンしたのか…今日はショボ降る雨🌂🌂


まぁ、これまでが運が良かったと言えるのかもしれません。

こんな日もあるわぃ😗


本日のテーマはノルディックウォーク🏃です。

講師は、ウエストジャパン アウトドアスクールの木村佳代子さん。




まずは、ノルディックウォークに欠かせないポールについての説明を受けます。

( 山登り用のポールやステッキと何がちがうねん?)という素朴な疑問が湧きますが…。

ノルディックウォークは、そもそも力まずリラックスして歩くことに重きを置いているので、山登り用のポールが体重をかけたり身体を支えたりするために使うのとはある意味真逆(?)の使い方をするらしい。

ポールを握るとどうしても力強く地面に押し付けようという意識になってしまうけど、それだと無理な力をかけることで余計に疲れちゃうんだって。

とにかく、まずは自分に合ったポールを選ぶことから始めます。

ゆーても、よーわからん。 選んでもらお💓


そして、各自、身体に合わせてポールの長さを調整します。


ポールの長さは、身長×0.64 のものがいいそうです。

慣れてきたら、身長×0.68から0.7 くらいで使用すると運動効果があがるんだって👍

グリップを握ったときの手首がおへその高さになるように調整します。


ポールの長さを決めることができたら、いよいよ外に歩きにいきますよぉ🏃




★★★★★★★★★★ お当番コメント ★★★★★★★★★★

アウトドア科の活動日で珍しく夜中から朝方にかけて大雨。

朝には止むと思っていた(天気予報では)のに、

出かける時には雨が降っていて傘をさして出かける!

大阪城で集合だったが天気の都合で急遽教室に集合という事になった。

講師はパラクライダでもお世話になったウエストジャパンの木村さん。

ノルディックウォークは歩きながら体力アップ出来るらしい❗️

先ずはポール選びからで3種類のポールの中自分の身長にあったポールを選ぶ。

そして自分の身長にあわせてポールの長さを調整する。

次にポールの取り扱い方を教えていただいた後、

難波宮跡公園へ移動して実習を行った。

ポールのグリップを握った手をグー👊パーグー👊パーを繰り返して歩くのだが、それがなかなか出来ない。

それを気していたら手と足が同じように出ている。なかなか難しい‼️

ポールを使ったウォーキングは腕と上半身の筋肉を使う全身運動になるというが、

これをマスターするにはまだまだ程遠い。

トホホ…。

心地よい疲れとともに良い運動になった。

 4班 ブログ担当 藤田 明子

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★



背筋も伸びて、みんな なかなかサマになってきてるよー😀


正直な話、一見 ぬるいスポーツに思ってたけど(←すまん😓)

結構、運動量を使うスポーツやったよ。

全身の筋肉を刺激するから、普通のウォーキングよりエネルギーの消費が約20パーセントも増加するんやて😤😤

なので、ダイエット効果がてきめんだとか😤😤 そりゃ、やるしかない❗❓




灯台下暗しといいますが、、。
難波の宮跡って、行ったことがなかったので此処を歩けたのも面白かったわ😀

知る人ぞ知る ノルディックウォーク。
歩いてる人を遠目に眺めているだけじゃなく、
我もしてみるなり…で体験できたのは、またも 収穫❗

人生、なんでも やってみなきゃ👍
アウトドア科のみんなの面白がる魂は今日も健在❗❗
次も、面白がって楽しもう😎

2021年10月30日土曜日

野外活動キャンプ( 1泊2日 ) < 防災時避難疑似体験キャンプ in 友愛の里 > 2021.10.26 /10.27

今回は、災害時でも たくましく生き抜く力を身につけようという

1泊2日のキャンプです。

防災時避難疑似体験…と書いてあったので、どこかに閉じ込められるとか、

走って逃げるとかど緊張することするんかな?と勝手に想像してて、

そういう系ではなくてホッとしました。

 ↑ 誰もそんなこと心配してなかった?笑😄笑



できるだけ調理器具や食器を使わない食事、火起こし、ロープワーク、テント設営など、

もしもの時の「備え」として役立つことをいっぱい教えてもらいました😉。


さて、キャンプ場について、まず 最初にしたのは チームビルド。

メンバー間の協力や協調性を高めるためにいくつかのゲームをします❗





知恵を出し合って、課題解決をすることが目的のこのゲーム。

チーム作りにはとても大切なミッションです👍😀


みんなが打ち解けて、ぐぐっと距離が縮まりました👫👬👬👭👯



雰囲気づくりができたところで、午後にはサバイバルクッキング ❗❗


ご飯は、竹を切り出して作る 竹飯盒🍚🍚

以前、竹器のごはんを作ったので、皆さん慣れたものです。


メニューは、サバ缶トマトカレーあるいはサバ缶トマト煮鶏ときのこのお吸い物

まずは、”火起こし”から。


そして、手際よく料理が作られていきます。

さすが皆さん、年季が入っておられますわ👌

まずもって、無駄がない💭 プロ級ですね💓




出来上がり😘😘


「 ママぁ❗ お米が立ってるぅ~😁 」

えっ、皆さん、このフレーズ ご存じじゃない??


そして、

夜は、たき火タイム。

たき火には”1/fゆらぎ”っていう効果があって、

炎のゆらぎやパチパチという音が癒しをもたらしてくれるんだそうです。

確かに、みつめているだけで言葉はいらない…。

言葉はいらないハズ…。。

が、しか~し。あちこちで歌が聞こえたり、笑い声が弾けたりと

相当  盛り上がってました😄



そして、二日目。

朝のラジオ体操のあとの朝食。

牛乳パックを使ってパンを焼くっていう発想が面白い😀





★★★★★★★★ お当番コメント ★★★★★★★★

日頃のクラスメイトの行いの良さで、今回も快晴の2日間でした

ガスも電気も使わず火🔥をおこし、竹筒でご飯を炊く。

そしてターフも自分で張る。

そんなことを教えてもらい、夜はキャンプファイヤー。

何十年ぶりに皆でワイワイ、ホットワイン(ワイン)なんて素敵なものもあり、心から癒される時間を過ごさせてもらいました。

焚き火には癒しの効果があり、今や「焚き火検定」というものもあるそうですよ。

何不自由無く暮らしている今の時代。

少し振り返って、少し反省し、たくさん感謝した2日間の災害時避難擬似体験でした。

こんなチャンスに感謝して、憧れのシニアソロキャンプに挑戦したいと思います。

3班 ブログ担当 高嶺 由美

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★


朝食のあとは、ロープワークからのテント設営。

       


普段の生活にも役立つノウハウ教わりました♪


教わったことを元にテント設営中。


防災時避難疑似体験キャンプの充実した二日間。

仲間意識も高まり、とても楽しい時間を過ごせましたね。

でも、ここに紹介できたのは、ほんの一部分。。

熱い思い出を胸に秘め(?)、また 次なるイベントへ。


アウトドア科の人たちって、高いテンション保ち続けてるパワーが凄すぎっ💨

それもこれも、若さを保つ秘訣ですかぃ❗❓


2021年10月20日水曜日

登山研修< 天王山「天下分け目」の山を歩く > 2021.10.18

さて、今回、私たちがトライするのは「登山研修」。

アウトドアといえば、「登山」はマストアイテム。

を語らずして、アウトドアを語るなってくらい。←私見です笑


今回登るのは、天下分け目の合戦で有名な「天王山」です。

山ガールの友達に、「天王山は登山というほどの山ではなく、 ハイキングやで。」とフフンと鼻をふくらませて言われてしまいました😓

が、ハイキングと言われても、をなめてはいけません。

あの秀吉と明智光秀が覇権を争って戦った山崎の合戦!

私たちも落ち武者にならぬよう、頑張って登りましょうゾ。


まず、起点は「宝積寺(ほうしゃくじ)」横の駐車場。

登山に関する注意事項を聞きます。

例えば、登山時の装備。下界と山の上では気象状況が変わるので、変わりやすい天候に即した服装選びのポイントや登山服の着用する注意点など。


この駐車場へ到着するまでに、ひと汗💦かいたという…。

服装だけでも悩みますよね、、。大丈夫かぃな❗❓ 

ひとまず、脱ぎましょ。脱ぎましょ。。

登山初心者には、役に立つレクチャーでした😉


さぁ、いざ出発っ❗❗

天王山は標高270mの山。低い山といえど、途中 足場が悪かったり、傾斜が急な箇所もあります。

先生のレクチャーにあったように、トレッキングシューズが便利だと思いました。


最初の休憩地点、青木葉谷展望広場からの眺望。

宇治・木津・桂というそれぞれ大きな川が合わさり、淀川へと流れていきます。


最初の休憩なので、みんな余裕綽綽😄 ↓


まだ、まだ、行くよっ💪

 


山頂に着きました❗❗

ここが、天下分け目の 天王山。

みなが、勝ち将軍❗ 落ち武者は誰もいません😊 笑。


山頂では、ソロキャンプでも流行っているという

コーヒー焙煎の実演と試飲😘

やや酸味とコクのある美味しいコーヒーをいただきました❗

たき火ロースターで生豆からつくる本格派👍


カセットコンロの火力を調整するのが、難しかったですね。

焙煎機を浮かせすぎるとなかなかうまくいかず、焙煎に時間がかかるようです。
ムラなく雑味のない安定した味になるように、(焙煎機を)左右に振って豆を攪拌します。
少しずつ豆のカス(チャフ)が飛び散ってパチパチと音が鳴り始めたら、
煙がモクモクと立ち上がり、コーヒー豆のいい匂いがしてきます。

あと、もう少しかな❓


豆がだんだん茶色くなるのがわかるのですが、どのタイミングでおろしたら良いのやら😓
ここで、コーヒー豆の味がかわってくるんですけどね…。

「ま、このへんでいいか❗❓」で降ろし、ミルで粉にし、熱いお湯を注いで出来上がり💝

ミディアムローストくらいの感じかな😮
酸味はそこそこあるけど、苦みはほとんどなくアメリカ~ンなお味でした。

これって、お家の庭でもできそう。
カセットコンロとザルと生豆と焙煎機がありさえすれば、簡単に出来まっせ😎
うち帰ったら、こんなめんどくさいことしないかぁ❓ 笑笑。


みんなで協力して作ったコーヒーは格別👌

沸かしたお湯で、カップラーメンもgood❗❗




★★★★★★★★★★ お当番コメント ★★★★★★★★★★

今日は山行(やまぎょう)ではなく山行(さんこう)。
天王山は標高こそそれほど高くはないものの、急な坂もあって頂上までは結構きつさも感じる山でした。
しかし、皆さんは健脚でほぼ標準タイムで頂上に到着。 ←元気やなあ!

頂上では湯を沸かし、樹木の下でカップラーメンを啜り、珈琲豆を焙煎し、豆を挽いて、珈琲を淹れる。酸味の強い珈琲でしたがホントに美味しい珈琲でした。 ←贅沢な時間やったなあ!でも、山の男にはちょっと時間が少なすぎるぜ。 (←7月21日付けのブログを見ると、お前はいったいどっちやねんと言いたくなる)。

閑話休題、今回、少しだけ雨に降られましたが、強力な晴れ男、晴れ女のおかげと砂山さんたちスタッフの皆さんのサポートにより素敵な一日を過ごすことができました。
あっ、もちろんCDさんのサポートにはいつもいつも心の中で感謝してますから。

2班 ブログ担当(学生時代は雨男だった)辻本雅宏

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★


回を増すごとに、クラス全体がまとまっていくのを感じます。
(CDさんのおかげやね😊)

素晴らしい仲間といっぱい、いっぱい思い出を作りましょう。

先生の言葉に、記憶が残ったフレーズがあります。

「失敗もよい思い出になる」なことおっしゃってましたよね❓
(言葉は違ったかもしれないけど、それに近いことは言ってたでしょ。笑)

怪我しないことはマストだけれど、コーヒー豆が異常に焦げちゃったり、道を間違えたり、、とかはちっちゃいちっちゃいトラブルだったりするワケで。。

急な山道、仲間に声を掛け合いながら進み、一緒に頑張った先の頂上では和やかに歓談する姿。 ホンマに素敵やなぁって思ったイベントでしたっ。

次回はお泊りやで。なんか、ワクワクするぅ😍




2021年10月16日土曜日

野外活動 <里山保全体験> 2021.10.14

 目まぐるしく、次から次へとビッグイベントを体験しているアウトドア科の面々…。膝が痛い、腰が痛い、、との声もチラホラと。。

「それでも、参加したいんや❗❗」😕😕

わかります。 わかりますって。

毎回、楽しいもんね😉

ということで、、

あの頃の少年少女に戻って山をかけめぐるコーダイシニアたちの今回の行き先は和泉市にある信太山野外活動センターで里山ボランティア体験です。



森林には地球温暖化防止、水源涵養、災害防止などの重要な役割があります。

ところが今、日本には手入れがされず荒れている森林が至る所に数多くみられます。

私たちは、森林ボランティアの指導のもとノコギリなどを使って、

木を伐りうっそうと茂る竹林に光を入れる「間伐」を実際に体験しました

まずは、森林ボランティアの方たちから手順の説明を受けます。


いよいよ、間伐を始めますよ!

倒れてくるから気をつけて😲



下草の処理とか結構大変です。
へっぴり腰でごめんやっしゃぁ😝




切り出した竹で、さらに切断する作業に取り組み中 👇



みんなで力を合わせて、竹を割ります。

作業のあとは、お待ちかねのお弁当タイム💓💓

おなかすいたね😀




★★★★★★★お当番コメント ★★★★★★★

信太山駅を出発し青少年野外活動センターに向かいました。

途中森の中から涼風が吹き清々しさを身体に感じると、そこが入口でした

指導員の説明を受けた後、竹林の閥才組と閥才した竹を塀用等に切断する組の2班にわかれました。

伐採した竹を利用して、竹細工作りに挑戦しました。

中には器用な方が竹トンボ、コップ等作品をあっという間に仕上げておられました。

皆様、年の功を発揮され、各々が得意分野で活躍されていました。

晴天に恵まれ童心に帰った一日でした。

1班 ブログ担当 山池 和子

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

やりだすと夢中になるんですよねぇ。。


爽やかな天候に恵まれた秋の一日。

気持ちも晴れ晴れの楽しいひとときをすごすことができました。


森林ボランティアの話を聞き、竹林で汗を流し、

間伐作業が里山の保全に役立っていることを心と身体で実感しました。

アウトドア科、深いねぇ~!



2021年10月14日木曜日

修験道体験 <山伏の修行に挑戦 in 犬鳴山> 2021.10.12

 「 滝にでも打たれて来いっ!」

そんな言葉で一喝された日にゃぁ、

おのれの生活態度がたるんでるってか❓ と、反省せねばなりましぇん、、😖

人間には多くの煩悩があってやな、毎日 それと葛藤しながら生きてるワケですよ。

そんな訳で(←いや、そんな理由じゃないと思うケド 笑)

アウトドア科の今回のイベントは、な、な、なぁ~んと、その煩悩を断ち切る

修験道体験なのだっ❕❕


当日の天気予報では生憎の雨模様🌂🌂との予想…。

にもかかわらず、出席率は  80 %。

雨雲さえも蹴散らしたやる気満々の心意気に感服いたしやす😁


今回 訪れた犬鳴山七宝瀧寺は、倶利伽羅大龍不動明王をご本尊とする寺で、

犬鳴山にある四十八滝のうち代表的な七つの滝に弘法大師が金銀などの七宝を

祭祀されたとされ、七宝瀧寺と名付けられました。

七宝瀧寺を参詣すると、不動明王と七福神すべての加護が得られるともいわれています。


行者迎えの門、
瑞龍門をくぐります。

さらに進むこと20分。本堂に到着。


倶利伽羅大龍不動明王。

青銅製としては日本最大らしいです。結構、大きいね。


一行は、こちらで3つの班にわかれます。

ひとつは「写経」をする班。

ふたつめは、「山行(険しい山を登る)」の班。

みっつめは、「滝行」の班。

どれかひとつでも、組み合わせてもOKです😄😄


修験会館では、「写経体験」が行われました。


体力に自信のない方は、写経体験。これも、充分 修行のひとつです


お次は、「 山行(やまぎょう)体験」。

修験者先達の指導のもと、行場・拝所を回峰。

険しい山道、急斜面を注意深く慎重に進みます。


そして、鎖やロープを握りしめ進んだ先には、

「 捨て身の行(しゃしんのぎょう) 」が待っています。

捨て身の覚悟で仏の世界を覗き、即身成仏(そくしんじょうぶつ)といって、

現世で究極の悟りを得る修行です。

1本の命綱だけで身を乗り出して、断崖絶壁をのぞき見ます。

頭から身を乗り出して吊るされている間に山伏からの問いかけがあり、

正直に答えなければなりません。



「何か、懺悔することはないかぁあああ?」と聞かれたら、

正直に答えないとアカンらしい。

ここで?笑  みなさんは正直に答えられましたか?


お次は、究極の修行 「 滝行 」です。


★★★★★お当番コメント★★★★★

昨夜はが降って明日の犬鳴山登りを心配しましたが、

さすがアウトドア科の老若男女は晴男と晴女ばかりですね😍

行者さんの案内を受けて、普段の山登りとは全然違って体験していない事ばかりです🥵 修行の山で神様のパワースポットですね!

皆、道無き道を登り岩をロープと鎖を命綱にして、崖ぷっちを全員が怪我なく無事にクリア出来て達成感も最高でした。

西の覗きでは私の心の声が聴こえてきました!

「旦那さんを大事にするか?」との問いに「イイエ」と誰かさんも即答でした(笑)

でも最後の瀧行に臨み、行者さんに気合いを入れられて一心不乱に祈り、

冷たい水に打たれながら身も心からもホカホカとしてくるのが不思議でした。

生まれて初めての貴重な体験させて頂き今夜はさぞかし爆睡です☺️

あたりまえの事に感謝する事を改めて気づかされた一日でした。

6班 ブログ担当 榮井千代子

★★★★★★★★★★★★★★★★★


大丈夫か~❓❓ 無理したらアカンでぇえええ😖😖😖

 

無事、修行を終えて、参加者全員が修了書をもらうことができました❗❗


よく、がんばりましたっ❗🎯🎯


☆小柳CDが感涙にむせんだ「ひとくちメモ」から☆ 

山行を終えて険しい崖を下りる途中に胎内くぐりがありました。

犬鳴山に修験者が集まり信仰の修行が行われていたであろう千数百年前から私の生命(いのち)も受け継がれてきたことに 真っ暗な岩場の中で生命の不思議と神秘を改めて感じました。

母が何時間もきばってきばって産婆さんにひきあげられたこの私。

あうん(阿吽)の阿 でオギャ~と泣き、一気に地上の大気を吸い込んで生かされているちっぽけなこの私。

亡き父と母のことを思いだしました。( H・I )

※掲載ご本人了承済


修験道には5つの効果があるといわれています。

1.心の静寂

2.不安感からの脱出

3.新しい自分の気づき

4.転機を迎える

5.煩悩を取り払う

さて、みなさんにはどのような効果がもたらされたでしょうか❓


しかし、性根を入れ替えることはそうそう簡単でなく、

毎日、人はあらゆる煩悩と戦っているのですよね、皆さん❗❓

ひとりひとりに新しい気づきがあった修験道体験😄


今回も大満足の1日でした❕


遠足 《 吉野山(世界遺産)の紅葉 》 2021.11.30

さて、今回は世界遺産の 吉野山 へ遠足❗ 吉野山は大峰連峰の北端8キロメートルにわたる山稜の総称。 アウトドア科で夏に行った犬鳴山と同じく、山岳信仰からなる「修験道」発祥の地といわれる神々が鎮まる特別な地域なんだよ😇。 日本一の桜の名所として有名で、サクラの季節には吉野山全体が...